ファスティングと回復食 | 3日間の酵素ダイエットのやり方!72時間ファスティングに挑戦!

3日間の酵素ダイエットのやり方!72時間ファスティングに挑戦!
Home » 3日間酵素ダイエット » ファスティングと回復食
3日間酵素ダイエット | 08月05日更新

ファスティングと回復食

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s

ファスティングの成功は、回復食の採り方で変わってきます。
回復食とは、断食期間が明けてから、通常の食事に戻るまでの食事のことです。
ファスティングには準備期間、断食期間、回復期間の3つの時期があり、それぞれ食べる物も異なります。

痩せ型 ダイエット


まず、準備期間にはたんぱく質を減らしていきます。
具体的には、純和食を目指すのが良いでしょう。
よく噛んでゆっくり食事をして、内臓に消化の負担がかからないようにします。
たくさん食べ過ぎてしまうのも内臓に負担をかけるので、腹八分目かそれ以下を目指すことが必要です。
このように、胃腸を整えてから断食期間に入らないと、きちんとしたダイエット・デトックス効果が出ないのです。

断食生活に入ってからも腸の中にたんぱく質が残っていると、消化酵素としてどんどん酵素が使われてしまい、代謝にまわせる酵素が減ってしまいます。
断食期間は3日程度設けるのが普通ですから、その間に消費できるはずのエネルギーが効率よく燃えなくなってしまうのです。

そして、断食明けの回復期間には、リバウンドを抑えて胃腸を回復させる狙いがあります。
そのため、いきなり普通の食事をすると負担がかかる上リバウンドを招き、失敗に終わってしまうのです。
回復食は一般的に、初日はおかゆなどからはじめ、2日目から徐々に汁物やおかずを増やしていくようにするとよいでしょう。